pickup
酸性でも髪の毛は傷んでダメージします!

こんにちは!

箕面の美容室のクセ毛職人でサロンワークしてます コクブトシノブです!

自然な縮毛矯正やクセ毛のおさまり良くなりお手入れが楽になるカット、エイジングケアで綺麗にすることを得意としてます。

スポンサーリンク

酸性でも髪はダメージします

アルカリこそが悪、アルカリがダメージの原因だ!!
ってなんとなく聞いたことありますか??

髪の毛がパサパサになってしまうのはアルカリが髪をダメージさせてしまうため、パサパサになってしまう。

でもアルカリだけじゃなく酸でも傷むって知ってましたか???

なんで酸性で髪はダメージしてしまうのか

髪の毛は弱酸性で安定して一番強い状態なのです。
なので弱酸性の状態でいることがいいとされてるのですがカラーやパーマ、縮毛矯正でアルカリ性の強いお薬がつくことで髪は不安定になりダメージしてしまうのですが
反対に弱酸性の状態より強い酸性のお薬でより酸性になっても髪の毛はダメージします。

なのでマニキュアもダメージします。

ただ酸化剤(過酸化水素)を使ってないのでカラーよりダメージは少ないですよ。

なので酸性だから大丈夫、酸性だから傷まないは実は違います。

PH3ぐらいまでに留めた方が安全

あんまりゴリゴリに酸性でアルカリを除去しようとするとダメージには繋がってしまいますが

だからと言ってカラーやパーマのアルカリをそのまま放置しててダメージは進行してしまいます。

なのでゆるやかに美容室らお家のシャンプートリートメントで弱酸性に戻すことが大切になります。

ポイントとしてはゆっくりと酸性に持っていくこと
シャンプー前に酸性の処理して、シャンプーして、トリートメントといきなりじゃなくちょっとずつ酸性にしていく。
そうすると後日のお手入れのやりやすさ、まとまり、ダメージが全然違います!

強すぎる酸であんまりやり過ぎと髪の手触りは悪くなってゴワゴワになるのでほどほどが一番ですね。

お薬を残留させず、安定する状態にすることがヘアケアで一番大切

栄養分をいれて質感を良くしたり、ツヤツヤにすることもすごく大切なのですが、まず余計なお薬を髪に残さない、そして髪が一番安定する弱酸性に戻してあげることが一番大切です

その上で足りない栄養分を足していい状態にすることが髪が一番早く綺麗になるやり方なのでちょっと意識してみてください!

どうしたらいいかわからない、何からしたらいいかわからないなんて方は是非相談してくださいね!

こんなお悩みの方は是非ご相談してください

✔︎枝毛やアホ毛が気になる

✔︎髪の毛がパサパサで艶が欲しい

✔︎ダメージで絡まって指通りが悪い

✔︎髪のくせが気になってくるようになった

✔︎年齢を重ねることで髪のくせやパサパサしていうことを聞かなくなってきた

✔︎普通の美容室のトリートメントでは満足出来ない

✔︎ワンランク上の縮毛矯正をしたい

✔︎朝のお手入れを楽にして5分ゆっくり寝たい

✔︎ツルツルサラサラの髪になりたい

そんな方は是非お任せ下さい!!

1人でも多くくせのお悩みや本当に綺麗にないたい願望を叶えたいです!

自分の髪質で悩んでる方は是非ライン@からお問い合わせください!

ご予約はライン@からがオススメ!
事前のカウンセリングやくせのお悩みのご相談、スタイルのご相談も出来ますよ!
友達追加するだけならこちらにはお客様の情報は一切わからないのでお得な美容情報やクーポンを安心してGETできます。

友だち追加

國分世展 コクブトシノブ
くせ毛マイスター

「ヘアスタイルを通してライフスタイルをより豊かに」をコンセプトに髪、頭皮、肌のエイジンクケアに対する知識と技術が豊富なスタイリストが大人の女性の「ワンランク上のなりたい」を叶えるためお待ちしております。お家、会社や学校に次ぐあなたの「3rd Place]として、ゆっくりとおつぐろぎ頂けるご褒美サロンです♪

リベラル
〒562-0041
箕面市桜4-1-34

0727240068

スポンサーリンク
おすすめの記事