Blogブログ

ヘアケアや施述例、日常のことなどを書いていきます。

びびり毛に悩み縮毛矯正を箕面で探してご来店

箕面の美容室リベラルの國分です。

今回のお客様

前回縮毛矯正をしたあと2週間くらいした後に自分でカラーをしたところ毛先がびびり毛になってしまったらしく担当の美容師さんに弱酸性縮毛矯正がいいと聞き、ネットでいろいろ検索して僕を指名で来ていただきました。

今回のお客様のお悩みとしては

毛先をストレートアイロンやコテで巻かないと外に出られない
広がってしまうのがとにかく気になる
根元の癖で膨らむ

というお客様です

ビフォー

希望としては

乾かして収まるようにしたい
なるべくダメージが出ないようにしたい
びびり毛をなんとかしたい

ということでした。

根元は薬をじっくり効かせながらピンピンにならないように自然に縮毛矯正をするまろやか縮毛矯正がして
毛先はびびり直しをしながら縮毛矯正をしていくことにしました。

びびり直しとは??

毛先の状態がお薬のダメージや熱のダメージでチリチリになってしまった髪いわゆるびびり毛を特殊なお薬と特殊な縮毛矯正の技術によってチリチリをまっすぐに近いように矯正をし直す技術です。

ただし注意点があります

リスクが高く特殊技術のための必ず成功する技術ではない
どこまで直るかも正直やってみないとわからない
元の綺麗な髪に戻る訳ではない
どんな髪にもできる訳ではない

になります。

縮毛矯正やびびり直しは髪が綺麗になったように見えてますがトリートメントではないので実際負担はかかります。

なのでびびりがもしなくなったとしても元より負担はかかってますし時間が経てばダメージからびびりは少しずつ戻ってきます。

なのであくまで応急処置になります。

なので完全に無くすにはトリートメントやカットで無くすのが一番大切になります。

アフター

施術のポイント

根元はしっかりと伸ばしながらかつ体力を奪い過ぎないよう中アルカリ高濃度の薬を使い
毛先はチオ、スピエラ、GMTなどを髪に合うようにブレンドして弱酸性の特殊な薬を使いました。

ブローの段階からブラシを使うことでびびり補正と丸みをつけて
アイロンもアル中アイロンで補正、癖を伸ばす、丸みをつけるを一気にしながらしていきました。

ボブがお好きということだったのでボブに切らせていただき
残ったびびりを極力修正しながら自然になるように縮毛矯正をさせていただきました。

根元の矯正させていただいた部分以外はまだまだ油断出来ないところなのでカットやトリートメントで少しずつびびり毛を完全になくしていきましょう。

びびり毛はつくらないことが一番大切です
縮毛矯正だけでなくカラーやアイロン、トリートメント全部気をつけながらお手入れしやすくかつ周りから褒めていただける髪がつくれるように頑張っていきます!

もしびびり毛で悩まれてる場合ライン@で是非ご相談してくださいね!

LINE@の登録はこちらから

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。