Blogブログ

ヘアケアや施述例、日常のことなどを書いていきます。

スタイル撮影して良かったこと。

今年はまだ一回も撮影してません。

なんとなーく、こんな感じに撮りたいなこんなスタイルがつくりたいなーって熱意が出てこないのでもう少しお休み

約3年くらい撮影してきて撮影してきて良かったなって思えたこと、良くなかった?ことを続けた中で思うことを振り返ってみよう。

スタイリングが上手くなった

当たり前といえば当たり前なんですがスタイリングは圧倒的に上手くなった

スタイリングが上手くなればフィニッシュワークで自信を持てるんで自分自身仕事しやすくなりました。

お客様のスタイリングのお悩みの返答に困ることもなくなりますしね。

撮影をを通して知り合いが増えた

撮影を一緒にしたり、モデルさんだったりで関わる方が増えたので同じように撮影に意識が高い人通しで情報交換したり、一緒に撮影したりしたり、今までとは違った価値観に触れること刺激を受けて視野が広がる部分はあります。

人との出会いが良くも悪くも人を変えていく部分はありますよね。

撮影を通して似合わせがわかった

僕はこれが一番でかいと思います。

どんなにかわいい髪型もその人に似合ってなかったら意味がない。

骨格やお顔立ち、髪質に合わせてスタイルを作っていく

それを撮影して確認しながらより良くなるために手直ししていく。

束1つ、フォルムのちょっとした違いが写真だと歴然と変わる

その積み重ねがお客様に必ず活かせれる気がします。

本当の意味でわかってきたのは最近ですがわかってきてから自分のスタイルやお客様の仕上がりが変わった。

2時間ずっと1人の人のスタイリングに時間を費やすってことはサロンワークでは出来ません、撮影だからこそできること。

僕自身撮影を通して変われた部分がたくさんあります。

日本一になりたいとか、撮影でどうなりたいとか今はないですが

去年よりも前回よりもかわいい作品を作れるよう今年は暴走しない程度に頑張っていこう。

とりあえず22日はどうしようかなーー

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。